短期間ダイエットでお腹を引っ込ませる

お腹

ダイエットをすると一番気になるのは、お腹周りだという人も多いです。

お腹が出てしまう原因としては、骨盤の歪みと筋肉不足が大きな原因として上げられます。

筋肉量が少なく、脂肪量が多いためお腹がたるんで見えてしまいます。

 

短期間でお腹を引っ込ませるためには、筋トレがおすすめです。

やり方としては、背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。

胸を張るようにして、肩甲骨を引き寄せ、息をゆっくり吐きながら腹部を膨らませます。

ヘソを意識しながら、腹部をへこませながらゆっくり息を吐き出します。

その状態を30秒キープします。

一日10~20回を目安に行ないます。

 

同時に骨盤の歪みも改善していくことが大切です。

骨盤の歪みに効果的な運動としては、脚を肩幅ほどに開いて姿勢を正し、真っ直ぐに立ちます。

ヘソの下とお尻の穴に力を入れながら、腰を左前方に突き出し、右前方に突き出します。

腰で8の字を描くようにスムーズに回していきます。

8回を1セットとして一日8セット行なうと効果的です。

 

次に、姿勢を真っ直ぐにして垂直に立ちます。

かかととつま先をつけて、つま先を90度程度に開きます。

膝を曲げて、両膝をつま先の方向に開き、両手を斜め上にあげたら、両手をゆっくり下げて膝を伸ばし、かかとをあげてつま先で立ちます。

内股とお尻に力を入れることを意識します。

これを8回1セットとして3回行ないます。
また、便秘を解消するのも有効です。

オイルを塗って時計回りに「の」の字を描くようにマッサージしていくと効果的です。

 

コメントは受け付けていません。